やわらかダイニングの介護食宅配

介護食を作るのは本当に大変!!

介護食は、嚥下機能(飲み込む力)の低下した高齢者の方に向けての食事で、高齢者ひとりひとりの食べる力量に対応して、たくさんの種類に分類されます。

実は、咀嚼機能(噛む力)や嚥下機能(飲み込む力)に応じて、それぞれにぴったりの食事のスタイルを選択することで、誤嚥防止や食事中にむせたり、吐いてしまうことなどを抑制し、自分の力で食事することができます。

手作り介護食はどんな点が大変?

しかし、介護食を手作りで用意するのは大変だとほとんどの介護をする方が感じています。病院のように設備の整ったところで作るやわらか食・ムース食を自宅で作ることは非常に困難です。

老介護や家族がたくさんいる家庭では、家族の食事と分けて介護食を作る事になります。子供がいる家庭では、赤ちゃんの分・食べ盛りの子供の食事・大人の食事・介護食と何種類も分けて作るため、莫大な手間と時間が掛かり、大きな負担になります。

介護食作りを助けてくれる市販品もあるけど

嚥下機能が弱いお年寄りのためにとろみをつけるのに片栗粉を使用する場合は熱い料理にしか使えません。しかし、市販品のとろみ調整食品を使用すれば、冷たい料理にもとろみをつける事ができます。 市販品の介護食品・介護補助食品をうまく利用することで、噛む力や嚥下機能が低下した高齢者にも、介護食を提供することができます。

そうような介護製品は、アマゾン・楽天の通販やドラッグストアやなどで手に入れることができ、介護食にかかる家族の負担はかなり軽減されますが、自宅で介護食を提供するのはやはり大変なことには変わりありません。

自宅で介護食を作る方の負担を減らすニーズにピッタリ合うのが介護食宅配サービスです。

自宅で介護食を作る不安点は?

介護食を自宅で作る方の不安は以下の3点ではないでしょうか。

  • いつも同じ食材・メニューになりがち
  • 家族の食事とは別に作るので、面倒で食材に無駄がでる
  • 栄養バランスやエネルギーが足りているのか心配

上記の不安点は高齢者の栄養を吸収する力が低下していることや、食事の量が落ちてしまっていること、手作りの介護食の栄養が偏っている、介護食に関する知識がない等の問題点があると推測できます。

こういった事を防ぐためにも介護食宅配サービスを利用すべきだと考えます。

介護食宅配サービスのメリットは?

介護食宅配サービスのメリットは介護食宅配よって多少の違いがりますが、内容的には以下の3点です。

  • 管理栄養士が栄養の基準値を厳守しながらも厳選された食材は豊富に使用
  • 工夫された日替わりメニューで、飽きがくることがなく心理的負担も少ない
  • 1人分の介護食を別に用意する負担を軽減できる

介護食宅配サービスを利用すれば、食事管理をしっかりでき、食べておいしさを実感できます。プロの管理栄養士により、エネルギー量や栄養バランスが調整された介護食のメニューが豊富に用意されており、利用価値は非常に高いと言えます。

やわらかダイニングの「やわらか宅配食」

やわらかダイニングの「やわらか宅配食」介護が必要な高齢者の方と同居で、さらに共働きの場合は忙しくて介護食を別に作ることできない時もあります。

その日の介護食を作れない緊急の時でもしっかり介護食を食べてもらうために、やわらかダイニングの「やわらか宅配食」を冷凍庫に常備しておけば、介護食を作れない緊急の時も回避することができます。

やわらかダイニングの介護食の冷凍宅配弁当ですが、電子レンジでチンした後にお皿に盛り付けると彩りも良く、普通の食事と見た目は変わりません。

病気療養中の食事や高齢者の介護食は、彩りがいまいちで味気なさそうな食事を想像しますがやわらかダイニングの「やわらか宅配食」は、赤・黄色・緑のいろいろな食材を使用しており、和・洋・中の鮮やかで食欲がアップするメニューに仕上っています。

食材本来の色や形をそのままに、「やわらかい」「飲み込みやすい」「栄養バランス」「味わい」を兼ね揃えた健常者の方が食べてもおいしい介護食です。


介護女性

介護食の種類

介護食とは、高齢者が食べやすいように調理された食事をいいます。一般に、歳を重ねると噛む力や飲み込む力が衰えてくるため、快適かつ安全な食事が難しくなります。そこで高齢者の食事には工夫や配慮が求められるのです。

介護食の分け方

介護食を用意する上でのポイントは3つ。

「栄養バランス」と「食べやすさ」、そして「おいしさ」です。

このうち、栄養と味の大切さは介護食に限ったものではありません。ですが、食べやすさは高齢者の誤嚥(飲食物が咽頭や気管に入ってしまうこと)を防ぎ、安全に食事を行う意味でも、とりわけ重要です。そこで介護食は「いかに食べやすくするか」という観点から分けられます。

食べやすさから見る介護食の種類

食べやすさとは「噛みやすさ」と「飲み込みやすさ」をいいます。何が食べやすいかは、高齢者ご本人の体調や状態によって異なります。

噛む力が少し弱くなっている

  • きざみ食:噛みやすくするため、食材を細かく刻んだもの
  • やわらか食(ソフト食):煮込むなどして、歯ぐきや舌でもつぶせる程度にやわらかくしたもの

噛む力と飲み込む力が弱くなっている

  • ミキサー食:食材をミキサーにかけ、液体状にしたもの
  • ピューレ食:野菜や果物をすりつぶして裏ごしし、半液体状にしたもの
  • ペースト食:野菜や肉、果物、魚介などをすりつぶして裏ごしし、なめらかにしたもの
  • ムース食:食材をペースト状に泡立てて、自然に固めたもの
  • ゼリー食:寒天やゼラチンを用いて、食材をつるんとした状態にしたもの

胃腸が弱くなっている(手術後など)

  • 流動食:汁物やスープなど、液体状のもの

病気による食事制限と介護食

歳を重ねると、持病を有する方も多くなります。特に糖分や塩分、タンパク質、脂質は、摂り過ぎが深刻な健康被害をもたらすこともあるため、注意が必要です。

病気を予防するための食事制限

食事制限には病気を予防するためのものと、病気の進行を防ぐためのものがあります。まず、病気にならないための食事制限をみていきましょう。

肥満

肥満は心臓病のリスクが高まるほか、気道の圧迫や足腰への負担といった問題も生じます。介護食は食べやすさに気を配られているので、食べ過ぎの可能性もあります。そのため、カロリーの低く調整された食事を考えなければなりません。

高血圧

高血圧は血管の内側を傷つけ、老化を進めます。放っておくと、動脈硬化などをもたらす危険性も高まります。高血圧の原因の一つに塩分の摂り過ぎがあるため、介護食は塩分量にも気を配らねばなりません。

食事制限が必要となる病気

食事制限という観点から特に押さえておきたいのが、以下の3つです。

糖尿病

脂肪分の多い食事や加齢を理由とする2型糖尿病は、腎臓病や網膜症、心筋梗塞といった様々な合併症を引き起こします。糖尿病患者の介護食は、糖質や脂質、塩分を減らす必要があります。

腎臓病

腎臓は尿や血液を作り、体内環境の調整を行うといった働きを担っています。腎臓病となると、身体の老廃物を外へ出す作用が衰えるため、老廃物を生み出すタンパク質の摂取を控える必要があります。同様に塩分の排出も難しくなるので、介護食では減塩も意識すべきです。

膵臓病

膵臓はタンパク質を分解する膵液やホルモンの分泌などの働きを担っています。高脂質の食事とアルコールの摂取によって、膵臓病が引き起こされるため、介護食では脂質の制限が必要です。

 

介護食を作る負担

介護食を作る際には、栄養バランスや食事制限、食べやすさといった様々な点への配慮が要求されます。それだけではなく、以下のような負担も考慮に入れなければなりません。

通常食と別に用意する必要性

高齢者のためだけに食事を用意するのであれば、まだ手間はさほど大きくありません。しかし、家族が同居する中では、通常食と介護食の両方を用意する必要が出てきます。

特に量を多く食べられない高齢者の場合、一食あたりの栄養バランスはより厳密に考えなければなりません。体調に合わせてきざみ食からミキサー食に変えてみたり、とろみを付けてみたりといった工夫も求められます。

ただ食べやすくすればいいわけではない

介護食というと、とにかくやわらかくして食べやすくすればいいと考えがちです。しかし、食事をやわらかくすると、食べやすくはなりますが、あごの力が衰えます。あごの力を維持するために食事を固めにすると、噛みづらく飲み込みにくくなります。

ただ食べやすさだけを意識すればいいわけではないところに、介護食の難しさがあります。高齢者ご本人の状態に合わせて、適度に噛める食事を用意しなければなりません。

見た目と好みの問題

介護食と似たものとして、離乳食が挙げられます。離乳食も食べやすさが重要となる食事ですが、介護食との違いが「見た目」と「好み」です。

高齢者は感性を有する大人として、食事の見た目が食欲に影響しますし、今までの人生で培ってきた味の好みがあります。単なる栄養補給の手段としてではなく、「食事」として捉えることが、介護食を考える上では非常に大事です。

このように介護食を作る負担というのは、決して小さくありません。

 

在宅介護を行っている家族100名を対象とした調査では、69%が介護食作りを大変だと回答しています。

 

介護食のレトルトや通販について

以上のような介護食の負担を軽くする方法として、レトルトや通販といった商品・サービスを利用することが考えられます。問題は、気持ちの上での懸念と実用性です。

「手作り」の呪縛

レトルトや通販を利用してみようかと考える方にとって、気持ちの上で引っかかるのが、「手抜きと思われないか」ということではないでしょうか。

確かに、食事は手作りがいい、コンビニ弁当やインスタント食品は手抜きだ、という発想は根強くあります。

ですが、ここで比較すべきは「全部自分で準備しようとして結局できない」のと「専門サービスを利用しながら別の部分に気を配る」のとではどちらがよいか、です。

介護は決して楽なものではありません。無理をして介護をする側が体調を崩してしまっては本末転倒です。あまり気を張り詰めることなく、高齢者ご本人にとって何が一番なのかを落ち着いて考えることが大切でしょう。

レトルト介護食や通販の実用性

市販のレトルト介護食や通販は、準備の手間をかなりの程度まで省いてくれます。その意味では実用的ですが、メニューのバラエティや栄養バランスといった面からは、やや気になるのも事実です。

また、おかず単品のレトルト介護食であれば、食卓を少し賑やかにすることはできますが、主菜は介護者が用意しなければなりません。このため、栄養バランスは別途考えなければならないという問題が生じます。

これらの難点を克服するものとして、介護食の宅配弁当があります。

 

介護食の冷凍宅配弁当

介護食を用意する負担を軽減し、栄養バランスと見た目の両立を図るのが宅配弁当です。以下では、冷凍宅配弁当による介護食を選ぶポイントと、その利用の仕方をみていきましょう。

食事の見た目と栄養バランス

弁当という形式により、主菜から副菜まで一通りの食事が揃っているというのが一点目。お弁当は一食ごとにトータルでの栄養が考えられているため、タンパク質が不足している、塩分が多過ぎる、などの心配が要らないのです。

また、彩りのバランスも工夫されており、見た目も良好というのが二点目。食べやすさというのは、見た目の美しさにも左右されます。

焦げていたり茶色いだけのおかずが並んでいたりすると、食欲も湧きにくいものです。介護食の宅配弁当は、見た目から食べやすくするという意識が働いています。

手間と食材の無駄の削減

宅配してくれることから、介護によって外出できない場合も安心です。宅配の介護食は、一回に届けてくれる数や宅配の間隔を選べるところもあり、注文を失念していたという心配がありません。

さらに、冷凍であるため賞味期限も長く、食べられないときがあっても無駄にならないという利点もあります。

冷凍宅配弁当の利用方法

介護食の冷凍宅配弁当は、毎食利用するという方法もありますが、賞味期限の長さを活かして補助的に利用するのもいいでしょう。食事にはメリハリが必要ですし、体調が良ければ通常食を取れることもあります。

あるいは介護者が多忙な時にだけ利用するといった方法もあるでしょうし、保存食としての活用方法もあります。柔軟に取り入れるのがポイントといえます。

ページの先頭へ