在宅介護で大変なこととして、多く聞かれるのが食事の用意です。 実際に、ご自宅で介護をすることになり、食事の用意に悩む方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?

それでは、自宅で介護食を手作りすることについて、解説していきます。

介護食を作るポイント

介護食をご自宅で作る際のポイントは以下のとおりです。

①食べる方の咀嚼力や嚥下機能を把握する。
介護食を手作りする場合、食べる方の状態を正確に把握し、食べやすい介護食を考える必要があります。

②食材に注意する
介護食に向かない食材があるので、介護食を手作りする時にはその点に注意が必要です。また、向き不向きの食材の知識をつけることが求められます。

③見た目を工夫する
介護食は、食べやすく加工するために、ペースト状にしたり細かく刻んだりと見た目が通常食とは異なるため、見た目からの食欲が湧きにくくなってしまいます。そのため、介護食を手作りする場合には、食べやすさと同時に見た目にも工夫をすることが大事です。

このように、介護食をご自宅で作る場合、気をつけなければいけないポイントがあります。そのため、食事の用意がかなり大変と感じる方が多くいらっしゃるのが現状です。

加工方法

では、手作り介護食の場合、どんな加工が必要なのでしょうか?介護食の加工方法を紹介します。

煮る・蒸す

介護食を作る上での基本として、やわらかく調理することが必要なので、煮る・蒸すといった加工を行います。

繊維質を断つように切る

野菜や肉など繊維が残りやすい食材は、繊維質を断つように切るという加工が必要です。

とろみをつける

食事にとろみをつけることによって、飲み込みやすくなります。フードプロセッサーにかけてもぱさついてしまう食材の場合、とろみ剤と一緒に入れることもあります。

介護食を作るのは大変

介護食をご自宅で作る場合には、食べる方の食べる力を正確に把握して状況に合わせた食事を作ることが必要となります。さらに、介護食をご自宅で作るには食材の知識や加工方法、食事レパートリー、調理器具の用意など、さまざまなハードルがあります。

特に、他のご家族の食事とは別に介護食を用意する必要があるため、時間と手間がかなりかかってしまいます。ついつい同じメニューを作り置きして、3食同じ食事を出してしまったといった経験談も多く聞かれます。

そんな介護食の悩みを抱えるご家庭におすすめなのが、介護食の宅配サービスです。最近では、若い方が食べても美味しいと感じるくらい、味にも満足な介護食が開発されています。

介護は24時間365日続くものなので、介護する側の方もされる側の方もなるべくストレスなく生活できることが大切になります。 介護食の宅配サービスは、家族の負担や手間を軽減し、その分より充実した時間を過ごすことができます。

 

ページの先頭へ