介護食とは、加齢により食べ物を噛む力や飲み込む力が衰えてしまった方のために、食べやすく加工している食事のことです。では、介護食の種類とそれぞれの特徴をご紹介します。

刻み食

刻み食とは、やわらかく調理した食べ物や通常食を小さく刻んだりして食べやすくした介護食のことです。刻む大きさは、食べる方の咀嚼力や嚥下力に応じて調節することができます。ただ、細かく刻むだけでは飲み込みにくいので、プラスしてとろみや水分を加えて作ります。

きざみ食のメリット

  • 見た目が通常食とあまり変わらないので食欲が湧きやすい
  • 噛む力が弱まっている人にぴったり
  • 大きく口を開けるのが難しい場合でも食べやすい

きざみ食のデメリット

  • 小さな食材が喉に入ってしまい誤嚥につながりやすい
  • 小さな食材が口の中の歯や顎などのすき間に入りやすい
  • 口に入れるまでにこぼれやすい

ミキサー食

ミキサー食とは、主に飲み込む力が低下している方に向けて、通常食に水分を加えミキサーにかけて液体状にした介護食のことをいいます。

ミキサー食のメリット

  • 噛まなくても食べられる
  • 飲み込む力が低下していても飲み込みやすい
  • 寝たきりの方にも向いている

ミキサー食のデメリット

  • 食感がなく、見た目も美味しそうではないため食欲が湧きにくい
  • 出汁などの水分と一緒にミキサーにかけるため、食事量が増えてしまう
  • サラサラし過ぎていると思いがけず喉に流れていってしまうことがあり、誤嚥しやすい

ソフト食

ソフト食は、やわらかさを調節でき、多少噛むことができる方から粒の残ったペースト状まで幅広く対応できる介護食です。やわらか食や軟菜食とも呼ばれる介護食で、舌でも潰せるくらいやわらかく調理されたものをいいます。

ソフト食のメリット

  • 消化しやすい
  • 見た目が通常食に近いので食欲が湧きやすい
  • 噛む力や飲み込む力が弱まっている人にぴったり

流動食

流動食とは、重湯や具なしスープ、葛湯などの固形物の入っていない食事のことです。流動食は、介護食として以外にも、術後や絶食後の食事として病院でも扱われています。

流動食のメリット

  • 消化しやすい
  • 噛む必要がない

流動食のデメリット

  • 固形物が入っていないのでそれだけでは栄養が少ない

嚥下食(えんげしょく)

嚥下食とは、やわらかく調理した食材をミキサーなどでペーストやゼリー状にした介護食のことです。嚥下とは口の中の食べ物を飲み込んで胃に流すことのことをいいます。嚥下食は、特に飲み込む力が低下している人にぴったりの介護食といわれています。

ページの先頭へ